社長から皆さんへ

会社経営者としての立場から就職活動をしている学生の方たちへアドバイスをするとすれば、それは「本物を見る目を養う」ということです。
入社を希望する会社がしっかりとした経営理念を持ち、そこで自分の夢が実現できるのか。
そして、自分が仕事を通して成長できるのかということを考えてほしいのです。
ベストの就職をするチャンスは、学生の皆さんに平等にあると思います。
あとは自分の目で会社を的確に見極め、自分から積極的に行動することですね。
チャンスをつかめるか否かは、自分自身にかかっているのです。
当社では、そんなチャンスを自身の努力で“ものにしよう”と頑張っている学生の方々を待っています。
太陽ハウスの経営理念に共感できるという方は、ぜひ当社の門戸を叩いてください。

地域に貢献することで会社が発展するという考え

当社の経営理念は、建築不動産業を通じて地域社会の発展に貢献し、よりよい住環境を創造し、お客様の満足・幸福と社員の幸福、会社の発展を等しく実現するというもの。
ここで、地域への貢献について話してみましょう。
まず当社は、年に3~4回「地域貢献大学」というイベントを開催しています。
これは当社の研修室に、警察署や消防署、各大学の先生といった方々をお呼びし、防犯や防災、医療などについて学んでいただこうというものです。また年に1度、地元のホールを借り切り、「お客様感謝祭」も開いています。こちらはマジックショーや落語といった、地元の方々に楽しんでいただけることを主眼としたイベントですね。
地域の発展がなければ、そこで商売をしている我々の発展もあり得ません。
そのためには、会社は何らかの形で地域に貢献しなければいけないのです。
それに、地域社会から「松戸には太陽ハウスさんがいてくれないと」と言われるぐらいでないと、会社というものの存在意義がありませんからね。