スマホメニュー
[×] 閉じる

太陽ハウスとSDGs

地域×住まいから、SDGsの実現へ

太陽ハウスでは「お客様の満足・社員の幸福・会社の発展を等しく実現する」という経営理念のもと、地域のお客様に住まいや暮らしのソリューションを提供してまいりました。
地域は他の地域、他の国、そして地球全体と繋がっています。 太陽ハウスは2015年に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)に賛同し、暮らし・住まいづくりを通して、それらの解決に向け持続的に取り組んでいます。


SDGsとは

3 すべての人に健康と福祉を

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。 (外務省のウェブサイトより引用)


太陽ハウスの取り組み