スマホメニュー

営業時間 9:00~18:00 水曜日定休
047-701-7552
[×] Close

テレワーク・リフォーム

テレワークが求められた時に、働くご本人、そしてそれを支えるご家族の方みんなが快適に過ごせるように。
リフォームでテレワーク空間を作り出しましょう。

高まるテレワークの機運。リフォームでテレワークスペースを

2020年1月頃から日本国内で感染が広がっている新型コロナウイルス。 その影響もあり、自宅にいながら仕事を行うテレワーク普及への機運が高まり、導入を補助する制度も整えられました。
しかし、自宅に仕事専用の部屋がない家も多く、そうした状況でのテレワークは、テレワークを行うご本人はもちろん、同時に家で過ごすご家族にも負担を強いることにもなります。
リフォームでテレワーク専用の空間を作り出し、家族みんなが快適に過ごせる家にしませんか?

テレワーク・リフォームの3つのポイント

専用スペースを用意する
テレワークを行うスペースは、ご家族が日常的に利用することがない「専用スペース」であり、かつデスクの背後に私的な物がない空間であることが求められます。
これはTV会議やちょっとした雑談の際に、ご家族が映りこんでしまったり、プライベートなものが他の社員の方に見えてしまうのを防ぐためです。
ご家族の生活スペースから離す
テレワークで仕事をしている間も、ご家族は普通の日常生活を過ごしています。
そのため、そうした生活音がテレワークスペースに入ってこないように、ご家族の生活スペースから離す必要があります。
テレビや料理、掃除機、会話の声などが聞こえてしまうと、ご本人が仕事に集中できなくなってしまったり、ご家族がテレワークを気にして、家事ができなかったり音を立ててはいけないという精神的な負担となってしまうこともあります。
インターネット環境を整える
テレワークではTV会議をしたり、リモートツールを利用して会社のPCにアクセスして作業をするにもインターネットを利用する必要があります。
テレワークスペースが2階にある場合には、Wi-fiの電波が弱まり、回線速度が不安定になる場合もあります。 2階まで有線を引き込んだり、アクセスポイントを追加するなどの対策が求められます。
また、携帯電話やモバイルルーターのディザリングを使用している場合には、通信量制限に引っかからないように料金プランなどにご注意ください。

テレワーク・リフォームの提案例をご紹介

テレワーク・リフォーム例1:寝室の一部に書斎スペースを


テレワーク・リフォーム例2:納戸やパントリーをワークスペースに



リフォームメニュー一覧


他にも、お客様のご要望に応じて柔軟に対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。